【キャンペーン】花用ボンドプレゼント中!(10800円以上お買い上げの方)

液の量はどのくらいあったほうがいい?

プリザーブドフラワーを作ると言っても、気になるのは液の容量。
実際どのくらいの液を購入すればいいのでしょうか?

あくまでも目安ですが、250ccの液で数回に分けて10~20輪(小さいものになりますが。)くらいは作れると思います。
繰り返し使って染色液が薄くなってきたら、B液や色素液を足すか、新しいものと交換してください。

もうひとつ問題なのはお花を浸ける容器です。
お花がすべて沈まないといけませんので、あまり大きな容器を使用すると液が大量に必要になります。
底の面積小さく、深いものが液を無駄に使わないことになります。


また、A液とB液の比率ですが、大体B液250ccに対してA液は500ccあったほうがよいです。
A液は最初の脱水・脱色と最後の洗浄に使います。
目安としてA液:B液=2:1と考えてください。
お試しセットはA液500ccとB液250cc2本ですが、A液が足りなくなることがあります。
A液の使い方をうまくコントロールして、仕上げまでやってあげてください。


お知らせ初めての方へプリザ商品一覧カートを見るお支払い・送料プリザ制作のヒントお問い合わせ
お客様作品紹介プリザーブドフラワーの体験教室 プリザーブドフラワー制作ブログプリザーブドフラワーの作り方
プリザ花大学で商品を販売したいかたはこちら|プリザ教室の宣伝をしたい方はこちら

Copyright(c) 花大学.com ,TSインタラクティブ株式会社 All rights reserved.