ポイント2倍。9/29 15時まで!

ハーバリウムオイル/ハーバリウムオイル用ボトル発売開始!

元々の花の色を残したいのですが。。

プリザ液は元々の花の色を残すことは原則的にできません。

A液では脱水の段階で色を抜いてしまいます。
らくらくプリザでも同様に着色の前に色を抜いてしまいます。

クリアという透明の液がありますが、クリアは元々のお花を白を残すことはできません。
色が抜けにくいお花や果実などを加工する際に使用します。

たとえば、お花であればセンニチコウなどは色が抜けにくい点を利用し、短時間の脱色後プリザにします。
(センニチコウでも長い時間浸けておくと脱色します)
またクリのイガなどをプリザにしたい場合はクリアを使うとそのままの色でプリザにします。

プリザ液は基本的に着色をするものだということをご理解ください。


お知らせ初めての方へプリザ商品一覧カートを見るお支払い・送料プリザ制作のヒントお問い合わせ
お客様作品紹介プリザーブドフラワーの体験教室 プリザーブドフラワー制作ブログプリザーブドフラワーの作り方
プリザ花大学で商品を販売したいかたはこちら|プリザ教室の宣伝をしたい方はこちら

Copyright(c) 花大学.com ,TSインタラクティブ株式会社 All rights reserved.