【キャンペーン】花用ボンドプレゼント中!(10800円以上お買い上げの方)

らくらくプリザ液の手順

らくらくプリザ液を使ったプリザーブドフラワーの作り方の手順です。

1)お花を調達する
お花はプリザーブドフラワーにする際にも、新鮮なものがよいです。
水揚げもよいし、お花に力があるからです。
※花材は着色液と同系色か、薄い色のを使うと自分の思うような色になりやすいです。

2)お花は花首で切り、容器に入れる
お花は花首で切ります。長くても3cmくらいでしょう。あとのアレンジでどのように使うかも考えたほうがよいですが、あまり長いとお花が液を吸い上げるのが大変なので、あまり長すぎてもよくないです。
タッパーのようなプラスティック容器(ふた付)にお花を入れてください。

3)らくらくプリザ液を容器にあける
プリザ液はお花全体が埋まるくらいに入れてください。
お花によっては浮きますので、剣山に差したり、おもりをつけた糸、ワイヤなどに花をつけてあげるといいでしょう。
浮くことが気にならなければ、そのままでも結構です。

4)お花を液につける
バラであれば、36時間以上。カーネーションであれば48時間以上つけてください。
(ほかの花材も36時間から48時間ですが、色が抜けにくいお花やあまり新鮮でないお花は時間をかけてあげてください。)

5)お花を取り出す
お花を取り出す際には液をよく落としてください。
花びらが硬くなっていますので、慎重に取り扱いましょう。
力を入れすぎるとお花が割れてしまいます。

6)お花を乾燥させる
液から取り出したお花を乾燥させます。
風通しのよいところにお花の形が崩れないように並べます。
しばらくすると空気中の水分を吸ってやわらかくなってきます。
3,4日から7日くらい乾燥させるとできあがります。

以上です。

手順はものすごく簡単です。
らくらくプリザ液で簡単、お手軽プリザーブドフラワーをお楽しみください。


お知らせ初めての方へプリザ商品一覧カートを見るお支払い・送料プリザ制作のヒントお問い合わせ
お客様作品紹介プリザーブドフラワーの体験教室 プリザーブドフラワー制作ブログプリザーブドフラワーの作り方
プリザ花大学で商品を販売したいかたはこちら|プリザ教室の宣伝をしたい方はこちら

Copyright(c) 花大学.com ,TSインタラクティブ株式会社 All rights reserved.