A液(脱水・脱色・透明)

A液(脱水・脱色・透明)
プリザーブドフラワー制作をするために必要な手順のうち、最初に必要なのにはこの脱水・脱色のA液になります。

【価格とサイズ】
容量は250cc、500cc、1000cc、4000ccがあります。
弊社のカップ(500cc丸形直径10センチ高さ10センチ)を使った場合、目安として250ccでは1輪から4輪くらいまで同時に作る事が可能です(お花の大きさによります)。
2、3回繰り返し使う事ができますが、A液が黄色っぽくなり、お花に色移りするような場合は交換してください。

形状や大きさが違うカップを使えば500ccでは中輪バラ(直径4センチ程度)で6~8輪程度、
1000ccでは中輪バラ(直径4センチ程度)で12~20輪程度作ることができます。
(大きさやお花の種類によってはできるお花の数が変わってきます。容器の形状やお花の大きさによっては極端にお花の数が減ります。コーヒーの瓶のような丸い筒状の容器は特にお花がすくなくなります。四角い平らな容器が数多く作る場合には適しています。ただし、あまりお花を入れる過ぎると脱色や着色がうなく行かない場合があります。)
(写真は250cc、500cc、1000ccです。4000ccは大きな容器です。16Lは一斗缶です。)
※ご注意:A液だけではプリザーブドフラワーは完成しません。脱色したままの色で保存したい場合にはB液クリアを使ってください。
※16Lは受注発注商品です。在庫を置いていませんので商品のお届けに3日から1週間程度かかることがあります。

【注意事項】
※火気厳禁

A液の1000cc(定価2,592円)を1,944円の定価の25%オフ、4000cc(定価10,384円)を7,200円の定価の31%オフで提供中です。
また、4000ccが使いにくいというご要望から1000cc4本セットを作りました。定価の29%オフです。
ぜひいつもより多く買っちゃってください!

ご購入・詳しくはこちら

リーフ液1000cc

リーフ液1000cc
リーフ用の簡易液です。これ一本で着色まで行います。

【価格】
リーフ液1000ccは定価の30%オフで提供中です。

【色とサイズ】
色は6色あり、サイズは200cc、500cc、1000ccがあります。

【使用法/注意事項等】
リーフ液の使い方

1液で吸水する方法で行うために時間はかかりますが、葉ものだけでなく、スターチスやカスミソウなど簡単にプリザーブドフラワーになります。

リーフ液のクリアはリーフ液を薄めるための液です。クリアだけではプリザーブドにすることができません。他の色のリーフ液と混ぜて使用してください。

【成分】
※火気厳禁
こちらの商品は500cc2本での対応となる事があります。

ご購入・詳しくはこちら

リーフ液500cc

リーフ液500cc
リーフ用の簡易液です。これ一本で着色まで行います。

【価格】
リーフ液500ccは定価の27%オフで提供中です。

【色とサイズ】
色は6色あり、サイズは200cc、500cc、1000ccがあります。

【使用法/注意事項等】
リーフ液の使い方

1液で吸水する方法で行うために時間はかかりますが、葉ものだけでなく、スターチスやカスミソウなど簡単にプリザーブドフラワーになります。

リーフ液のクリアはリーフ液を薄めるための液です。クリアだけではプリザーブドにすることができません。他の色のリーフ液と混ぜて使用してください。

【成分】

成分:多価アルコール、グリセリン、水、アミノ酸、カチオン系色素
※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

リーフ液200cc

リーフ液200cc
リーフ用の簡易液です。これ一本で着色まで行います。

【価格】
リーフ液200ccは定価の25%オフで提供中です。

【色とサイズ】
色は6色あり、サイズは200cc、500cc、1000ccがあります。

【使い方/注意事項など】
リーフ液の使い方

1液で吸水する方法で行うために時間はかかりますが、葉ものだけでなく、スターチスやカスミソウなど簡単にプリザーブドフラワーになります。

リーフ液のクリアはリーフ液を薄めるための液です。クリアだけではプリザーブドにすることができません。他の色のリーフ液と混ぜて使用してください。

【成分など】
成分:多価アルコール、グリセリン、水、アミノ酸、カチオン系色素
※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

一番わかりやすいプリザーブドフラワーBOOK(2019)

一番わかりやすいプリザーブドフラワーBOOK(2019)

プリザーブドフラワーBOOK (レディブティックシリーズ) ムック - 2018/12/18

草花、観葉、エアプランツなど約80種のプリザーブドの作り方を基礎からわかりやすく解説。
自作の花材でハーバリウム、グリーンインテリアなどを作って楽しむ作品約70点を掲載。

一般社団法人ユニバーサルデザイナーズ協会 代表理事 長井睦美の最新刊。

生花から作るプリザーブドフラワーからハーバリウム、グリーンインテリア、アクセサリまで手作りプリザーブドフラワーの世界がこれ一冊で。

book201901-2.jpgbook201901-3.jpg

ご購入・詳しくはこちら

生花から自在にアレンジ プリザーブドフラワー 素敵な70のアイデア (2017)

生花から自在にアレンジ プリザーブドフラワー 素敵な70のアイデア (2017)

手作りプリザーブドフラワーの2017年版です。
「生花から自在にアレンジ プリザーブドフラワー 素敵な70のアイデア (コツがわかる本!)」長井睦美監修。

長井睦美先生の2017年最新の手作りプリザーブドフラワー制作の本です。

本文から〜ご挨拶部分の引用です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
生花から作る過程をすべて解説。

アイデアを形にするための、
プロのテクニックをわかりやすく紹介。

素敵な70のアイデア

生花も、グリーンも、庭の花も。
みぢかな素材をプリザで楽しむ

季節の花を自分らしく
爽やかなグリーンインテリア
オシャレなプリザガーデン
カラフルな野菜 ・ フルーツ


わずかな年月のうちに、
プリザーブドフラワーはどんどん進化し、
バラやカーネーションだけでなく、
花の種類も増え、
日本人に馴染みのある菊も
プリザーブドフラワーとして
販売されるようになりましたが、
生花の豊富な種類には
まだまだ追いつきません。

今そこに咲いているお花を摘み取って、
自分の手で花の美しさや
かわいらしさをとどめることができる。
これはお花を楽しむ極上の趣味です。

また、プリザーブドフラワーは、
本来の花の色に近づけて
着色をすることも多いのですが、
好きな色に染める楽しさも
プリザならではです。

プリザーブドフラワーにできる花の種類が
増えていくだけでなく、
アレンジの幅もグーンと広がっていきました。
もっとプリザーブドフラワーを楽しむために、
補強用のコート剤や暗闇で光らせる液、
レインボープリザをつくる液も開発してしまいました。
アクセサリーとして身につけることも、
フレームやガラス花器を活かして
インテリアとしても注目されはじめ、
プリザーブドフラワーの可能性は
もっと広がっていくことでしょう。

本書はこうしたプリザーブドフラワーの作り方、楽しみ方を
「教室でレッスンを受けているように」をコンセプトに
できるだけ詳しく解説をしています。

プリザーブドフラワーは初めてという方だけでなく、
上級の方にも役立てていただける
沢山の情報が詰まっています。

本書の隅々に書かれているポイントの解説にも
目を通していただければ幸いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぜひ、この本とともに手作りプリザーブドフラワーの世界をお楽しみください。

ご購入・詳しくはこちら

いちからはじめるプリザーブドフラワーの作り方(2017)

いちからはじめるプリザーブドフラワーの作り方(2017)

手作りプリザーブドフラワーの2017年版です。
「いちからはじめるプリザーブドフラワーの作り方: 思い出のブーケや庭の花をより長く楽しみ、暮らしに取り入れる」長井睦美著。

花大学でもおなじみの長井睦美先生の2016年最新の手作りプリザーブドフラワー制作の本です。

本文から〜ご挨拶部分の引用です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「プリザーブドフラワー」って聞いたことがありますか?
それは、生のお花を特別な液で加工して
その美しさを長く楽しむための手法です。

ドライフラワーと違って、生花の時の柔らかな質感がそのまま残せるので
パリパリと脆く崩れてしまう心配も少なくなります。
たくさんある液を混ぜたりして自分好みの色を作れるのも
プリザーブドフラワーの醍醐味。
世界にひとつだけ、自分だけの花を作ることができるんです。

そうして美しさを留めた花を
アレンジメントにして飾ったり、アクセサリーにして身に付けたり......
大事な記念日にもらったブーケや大好きな庭の花を、より長く、もっと豊かに楽しむことができます。

生花が持つ自然の美しさは言うまでもなく尊いものですが、
時にはこうして手を加えることで
思い出を留めておいたり、誰か大切な人への贈り物にしたりすることも
花の楽しみ方のひとつとしてあってもいいのではないでしょうか。

そんな「プリザーブドフラワー」を自分で手作りし、
作ったプリザーブドフラワーを生かしたすてきな作品を作る方法までをしっかり網羅した、
初心者でも安心の一冊です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぜひ、この本とともに手作りプリザーブドフラワーの世界をお楽しみください。

ご購入・詳しくはこちら

生花から手作りできるプリザーブドフラワー(2013)

生花から手作りできるプリザーブドフラワー(2013)

手作りプリザーブドフラワーの2013年版が発売されました。
花大学でもおなじみの長井睦美先生(ユニバーサル・デザイナーズ・アカデミー代表)著です。

実際の花材作りから、制作液の説明はもちろんのことアレンジ、ワイヤーの使い方まで網羅した1冊です。
テキストとしての利用を目的としていますので、初めてのかたはもちろんの事、経験者の方にもためになる情報も掲載。

オールカラーなので、わかりやすく仕上がっています。


出版社:ブティック社
98ページオールカラー
定価:1200円(税別)
発行:2013年4月30日

ご購入・詳しくはこちら

らくらくプリザ液 250cc

らくらくプリザ液 250cc
【価格】
らくらくプリザ液は定価の25%オフで販売中です。
【色とサイズ】
色は17色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。
【作り方】
脱色、洗浄工程を省略し溶液に3日以上つけておくだけで、プリザーブド加工できます。ただし、作ることができる花材が限られます。

らくらくプリザ液に向く花材
バラ、カーネーション、デンファレ、アジサイなど
A液は必要ありません。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができます。
参考の色見本はこちら
らくらくプリザ液500ccはこちら
らくらくプリザ液1000ccはこちら


【溶剤と水性の違い】
溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。


【溶剤セットと水性セット】
溶剤セットにはレッド、ワイン、オレンジ、グリーン、イエロー、ブルー、レッドパープル、ブラウン、ブラックが入ります。
水性セットにはホワイト、ピンク、サーモンピンク、レモンイエロー、ダークブルー、スカイブルー、バイオレットが入ります。

【制作時の難しい色】
薄い色は仕上がりが思うような色にならないことがあります。
特にホワイト(白色)はバラの場合、ベージュやオフホワイトになることが多いです。
初めての方や試しに作ってみようと思う場合には濃い色をお選びください。

【成分など】
成分:アルコール、多価アルコール、水、色素
※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

らくらくプリザ液 500cc

らくらくプリザ液 500cc
【価格】
らくらくプリザ液500ccは定価の25%オフです。
【色とサイズ】
色は17色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。
【作り方】
脱色、洗浄工程を省略し溶液に3日以上つけておくだけで、プリザーブド加工できます。ただし、作ることができる花材が限られます。

【らくらくプリザ液に向く花材】
バラ、カーネーション、デンファレ、アジサイなど
A液は必要ありません。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができます。
参考の色見本はこちら
らくらくプリザ液250ccはこちら
らくらくプリザ液1000ccはこちら


全色セットはカートに入れたときにさらに5%オフなので、実質30%オフです。
【溶剤と水性の違い】
溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。
【溶剤セットと水性セット】
溶剤セットにはレッド、ワイン、オレンジ、グリーン、イエロー、ブルー、レッドパープル、ブラウン、ブラックの9本が入ります。
水性セットにはホワイト、ピンク、サーモンピンク、レモンイエロー、ダークブルー、スカイブルー、バイオレットの7本が入ります。
【制作時の難しい色】
薄い色は仕上がりが思うような色にならないことがあります。
特にホワイト(白色)はバラの場合、ベージュやオフホワイトになることが多いです。
初めての方や試しに作ってみようと思う場合には濃い色をお選びください。

【成分など】
成分:アルコール、多価アルコール、水、色素
※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

らくらくプリザ液 1000cc

らくらくプリザ液 1000cc
【価格】
らくらくプリザ液1000ccは定価の29%オフで提供中
【色とサイズ】
色は17色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。
【作り方】
脱色、洗浄工程を省略し溶液に3日以上つけておくだけで、プリザーブド加工できます。ただし、作ることができる花材が限られます。


らくらくプリザ液に向く花材
バラ、カーネーション、デンファレ、アジサイなど
A液は必要ありません。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができます。 参考の色見本はこちら
らくらくプリザ液250ccはこちら
らくらくプリザ液500ccはこちら

全色セットはカートに入れたときにさらに5%オフになりますので、実質34%オフです。プリザ液販売店では日本一お安いお店です。

【溶剤と水性の違い】
溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。

【溶剤セットと水性セット】
溶剤セットにはレッド、ワイン、オレンジ、グリーン、イエロー、ブルー、レッドパープル、ブラウン、ブラックが入ります。
水性セットにはホワイト、ピンク、サーモンピンク、レモンイエロー、ダークブルー、スカイブルー、バイオレットが入ります。

【制作時の難しい色】
薄い色は仕上がりが思うような色にならないことがあります。
特にホワイト(白色)はバラの場合、ベージュやオフホワイトになることが多いです。
初めての方や試しに作ってみようと思う場合には濃い色をお選びください。

【成分など】
成分:アルコール、多価アルコール、水、色素
※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

らくらくプリザ液 4000cc【お取寄せ商品】

らくらくプリザ液 4000cc【お取寄せ商品】
※【お取寄せ商品】らくらくプリザ液4000ccは在庫をもっておりませんので、ご注文いただいてから発注いたします。通常のお届けから1日~4日程度余計にかかります。
【価格】
らくらくプリザ液4000ccは定価の18144円のところ12096円でご提供
【色とサイズ】
色は17色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。
【作り方】
脱色、洗浄工程を省略し溶液に3日以上つけておくだけで、プリザーブド加工できます。ただし、作ることができる花材が限られます。


らくらくプリザ液に向く花材
バラ、カーネーション、デンファレ、アジサイなど
A液は必要ありません。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができます。 参考の色見本はこちら

【溶剤と水性の違い】
溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。

【溶剤セットと水性セット】
溶剤セットにはレッド、ワイン、オレンジ、グリーン、イエロー、ブルー、レッドパープル、ブラウン、ブラックが入ります。
水性セットにはホワイト、ピンク、サーモンピンク、レモンイエロー、ダークブルー、スカイブルー、バイオレットが入ります。

【制作時の難しい色】
薄い色は仕上がりが思うような色にならないことがあります。
特にホワイト(白色)はバラの場合、ベージュやオフホワイトになることが多いです。
初めての方や試しに作ってみようと思う場合には濃い色をお選びください。

【成分など】
成分:アルコール、多価アルコール、水、色素
※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

B液(着色・保存)250cc

B液(着色・保存)250cc
A液で脱水・脱色したお花に着色をして不変の命を与えます。

【サイズ】
サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。

【注意事項等】
基本的に何度も使えますが、使用の頻度やお花の種類によっては変色してくる場合があります。
うまく着色しなくなったら、液を追加したり、新しいものに変えてみてください。

B液はすべて新B液になっております。
新B液とは、乾燥の時間が短縮(24時間から3日程度になります)しています。
「旧B液」や「特新B液(硬めに仕上げます)」をお求めの際は注文時にご希望欄に例えば「レモンイエローは特新B液で」とご記載ください。

【溶剤と水性の違い】
溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。

【クリアカラーについて】
クリアカラー(クリアピンク、クリアオレンジ、クリアブルー、クリアグリーン)は品質確保のため、在庫を持っておりません。
クリアカラーはクリーミーカラー(クリーミーピンク、クリーミーイエロー、クリーミーオレンジ、クリーミーブルー、クリーミーグリーン)と違いホワイトの顔料が入っておりませんので、お花に白い粉が付着しません。
ブログにクリアカラーの注意点をまとめてあります。ご覧ください。
新色クリアカラーシリーズ作ってみました。
【クリーミーカラーについて】クリーミーカラー(クリーミーピンク、クリーミーオレンジ、クリーミーブルー、クリーミーイエロー、クリーミーグリーン)は在庫を持っておりません。クリーミーカラーをご注文なさりたい方はその旨を「ご要望欄」にお書き添えください。例えば「ブルーはクリーミーブルーで」とご記載ください。 余裕をもってご注文ください。
A液が必要です。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができません。
参考の色見本はこちら

【ご注意】
※火気厳禁


ご購入・詳しくはこちら

B液(着色・保存)500cc

B液(着色・保存)500cc
A液で脱水・脱色したお花に着色をして不変の命を与えます。

【サイズ】
サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。

【注意事項等】
基本的に何度も使えますが、使用の頻度やお花の種類によっては変色してくる場合があります。
うまく着色しなくなったら、液を追加したり、新しいものに変えてみてください。

B液はすべて新B液になっております。
新B液とは、乾燥の時間が短縮(24時間から3日程度になります)しています。
「旧B液」や「特新B液(硬めに仕上げます)」をお求めの際は注文時にご希望欄に例えば「レモンイエローは特新B液で」とご記載ください。

【溶剤と水性の違い】
溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。

【クリアカラーについて】
クリアカラー(クリアピンク、クリアオレンジ、クリアブルー、クリアグリーン)は品質確保のため、在庫を持っておりません。
クリアカラーはクリーミーカラー(クリーミーピンク、クリーミーイエロー、クリーミーオレンジ、クリーミーブルー、クリーミーグリーン)と違いホワイトの顔料が入っておりませんので、お花に白い粉が付着しません。
ブログにクリアカラーの注意点をまとめてあります。ご覧ください。
新色クリアカラーシリーズ作ってみました。
【クリーミーカラーについて】クリーミーカラー(クリーミーピンク、クリーミーオレンジ、クリーミーブルー、クリーミーイエロー、クリーミーグリーン)は在庫を持っておりません。クリーミーカラーをご注文なさりたい方はその旨を「ご要望欄」にお書き添えください。例えば「ブルーはクリーミーブルーで」とご記載ください。 余裕をもってご注文ください。

A液が必要です。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができません。
参考の色見本はこちら

【ご注意】
※火気厳禁


ご購入・詳しくはこちら

B液(着色・保存)1000cc【お取寄せ商品(一部在庫)】

B液(着色・保存)1000cc【お取寄せ商品(一部在庫)】
A液で脱水・脱色したお花に着色をして不変の命を与えます。

【サイズ】
サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。

【注意事項等】
基本的に何度も使えますが、使用の頻度やお花の種類によっては変色してくる場合があります。
うまく着色しなくなったら、液を追加したり、新しいものに変えてみてください。
クリア、ホワイト、レッド以外は受注発注となります。
最短で翌営業日発送、最長で3営業日程度で発送。(夏季/冬季休暇を除く)

B液はすべて新B液になっております。
新B液とは、乾燥の時間が短縮(24時間から3日程度になります)しています。
「旧B液」や「特新B液(硬めに仕上げます)」をお求めの際は注文時にご希望欄に例えば「レモンイエローは特新B液で」とご記載ください。

【溶剤と水性の違い】
溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。

【クリアカラーについて】
クリアカラー(クリアピンク、クリアオレンジ、クリアブルー、クリアグリーン)の発売に伴い、クリーミーカラーの受注を停止しました。クリーミーカラーをご注文なさりたい方はその旨を「ご要望欄」にお書き添えください。例えば「クリアブルーはクリーミーブルーで」とご記載ください。
クリアカラーはクリーミーカラー(クリーミーピンク、クリーミーイエロー、クリーミーオレンジ、クリーミーブルー、クリーミーグリーン)と違いホワイトの顔料が入っておりませんので、お花に白い粉が付着しません。
ブログにクリアカラーの注意点をまとめてあります。ご覧ください。
新色クリアカラーシリーズ作ってみました。
クリーミーカラーは在庫がありません。余裕をもってご注文ください。

A液が必要です。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができません。
参考の色見本はこちら

【ご注意】
※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

B液(着色・保存)4000cc【お取寄せ商品】

B液(着色・保存)4000cc【お取寄せ商品】
【お取寄せ商品】※本商品は在庫を置いてありません。ご注文いただいてからメーカーからお取り寄せとなりますので、在庫商品よりも1~4営業日余計に時間をいただきます。

A液で脱水・脱色したお花に着色をして不変の命を与えます。

【色とサイズ】
色は19色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。

【注意事項等】
基本的に何度も使えますが、使用の頻度やお花の種類によっては変色してくる場合があります。
うまく着色しなくなったら、液を追加したり、新しいものに変えてみてください。

B液には色により新B液になっております。
新B液とは、乾燥の時間が短縮(24時間から3日程度になります)されており、クリーミーの色が綺麗に出るようになりました。
下に「新」と入っているものには新B液となっております。
「新」となっていないものはメーカーで新B液を作っておりません。

A液が必要です。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができません。
参考の色見本はこちら

【クリアカラーについて】
クリアカラー(クリアピンク、クリアオレンジ、クリアイエロー、クリアブルー、クリアグリーン)の発売に伴い、クリーミーカラーの受注を停止しました。クリーミーカラーをご注文なさりたい方はその旨を「ご要望欄」にお書き添えください。例えば「クリアブルーはクリーミーブルーで」とご記載ください。

【溶剤と水性の違い】
溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。


【成分など】
成分:多価アルコール、アルコール、水、アミノ酸、カチオン系色素※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

色素液(5cc3本セット)【お取寄せ商品】

色素液はB液やらくらくプリザ液で着色液が薄くなったときやB液やらくらくプリザ液のクリアに足すことで新しい液を作ったり、混ぜたりすることができます。



***ご注意事項***
※単体ではプリザーブドフラワーを作ることはできません。B液またはらくらくプリザ液に混ぜて使います。


液は5ccの容器にいれてあります(または1部10CC入りのものも混ざる事があります)。色により容量多少が異なる場合があります。少ないものは濃度が濃くなっているので品質に変わりはありません。


在庫の品質管理上の理由で、色素液は在庫しておりません。すべてお取り寄せになります。

別の商品を同時にご注文の場合は商品の発送が遅れますのでご了承ください。


※火気厳禁

ご購入・詳しくはこちら

パステルプリザ液I/パステルプリザ液II250cc【お取寄せ商品】

パステルプリザ液I/パステルプリザ液II250cc【お取寄せ商品】

※【お取寄せ商品】在庫を置いてありませんのでお急ぎの方はご注意ください。
本品は白いバラが必要です。必ず白いバラ(または薄い色のバラ)をお使いください
淡いパステルカラーのバラに仕上げる専用の溶剤です。
プリザAB液のと同じ要領で2液で制作するタイプになります。
色が薄いパステルカラーがしっかり定着するための溶剤の保存液です。
(花弁の薄いバラはうまくいかない事があります)
250ccでは中輪のバラが2~3輪。500ccでは中輪のバラが5~7輪、1000ccでは中輪のバラが10~15輪程度作る事ができます。(お花の大きさ、高さ、制作時の入れ物の大きさや形により数が変わります)
プリザ液は2~3回繰り返し使う事ができます。

pastel-cover.jpg
【使い方】
※必ず、パステルプリザ液Iとパステルプリザ液IIをセットでお使いください。
1.パステルプリザ液Iに花首だけを入れます。プリザ液はお花がかぶるくらい入れてください。
2.直径4~5cmのバラであれば、3日~4日くらいで脱色できます。
3.パステルプリザ液IIを用意して、プリザ液Iからお花を取り出し、プリザ液IIに入れます。
4.2日程度で染まります。
5.取り出して自然乾燥させればできあがりです。

【成分】
アルコール、多価アルコール、水、色素
(メタノール含有)

ご購入・詳しくはこちら

パステルプリザ液I/パステルプリザ液II500cc【お取寄せ商品】

パステルプリザ液I/パステルプリザ液II500cc【お取寄せ商品】

※【お取寄せ商品】在庫を置いてありませんのでお急ぎの方はご注意ください。
本品は白いバラが必要です。必ず白いバラ(または薄い色のバラ)をお使いください
淡いパステルカラーのバラに仕上げる専用の溶剤です。
プリザAB液のと同じ要領で2液で制作するタイプになります。
色が薄いパステルカラーがしっかり定着するための溶剤の保存液です。
(花弁の薄いバラはうまくいかない事があります)
250ccでは中輪のバラが2~3輪。500ccでは中輪のバラが5~7輪、1000ccでは中輪のバラが10~15輪程度作る事ができます。(お花の大きさ、高さ、制作時の入れ物の大きさや形により数が変わります)
プリザ液は2~3回繰り返し使う事ができます。

pastel-cover.jpg
【使い方】
※必ず、パステルプリザ液Iとパステルプリザ液IIをセットでお使いください。
1.パステルプリザ液Iに花首だけを入れます。プリザ液はお花がかぶるくらい入れてください。
2.直径4~5cmのバラであれば、3日~4日くらいで脱色できます。
3.パステルプリザ液IIを用意して、プリザ液Iからお花を取り出し、プリザ液IIに入れます。
4.2日程度で染まります。
5.取り出して自然乾燥させればできあがりです。

【成分】
アルコール、多価アルコール、水、色素
(メタノール含有)

ご購入・詳しくはこちら

パステルプリザ液I/パステルプリザ液II1000cc【お取寄せ商品】

パステルプリザ液I/パステルプリザ液II1000cc【お取寄せ商品】

※【お取寄せ商品】在庫を置いてありませんのでお急ぎの方はご注意ください。
本品は白いバラが必要です。必ず白いバラ(または薄い色のバラ)をお使いください
淡いパステルカラーのバラに仕上げる専用の溶剤です。
プリザAB液のと同じ要領で2液で制作するタイプになります。
色が薄いパステルカラーがしっかり定着するための溶剤の保存液です。
(花弁の薄いバラはうまくいかない事があります)
250ccでは中輪のバラが2~3輪。500ccでは中輪のバラが5~7輪、1000ccでは中輪のバラが10~15輪程度作る事ができます。(お花の大きさ、高さ、制作時の入れ物の大きさや形により数が変わります)
プリザ液は2~3回繰り返し使う事ができます。

pastel-cover.jpg
【使い方】
※必ず、パステルプリザ液Iとパステルプリザ液IIをセットでお使いください。
1.パステルプリザ液Iに花首だけを入れます。プリザ液はお花がかぶるくらい入れてください。
2.直径4~5cmのバラであれば、3日~4日くらいで脱色できます。
3.パステルプリザ液IIを用意して、プリザ液Iからお花を取り出し、プリザ液IIに入れます。
4.2日程度で染まります。
5.取り出して自然乾燥させればできあがりです。

【成分】
アルコール、多価アルコール、水、色素
(メタノール含有)

ご購入・詳しくはこちら

プリザーブドフラワー花大学商品一覧


お知らせ初めての方へプリザ商品一覧カートを見るお支払い・送料プリザ制作のヒントお問い合わせ
お客様作品紹介プリザーブドフラワーの体験教室 プリザーブドフラワー制作ブログプリザーブドフラワーの作り方
プリザ花大学で商品を販売したいかたはこちら特定商取引法に基づく表示

Copyright(c) 花大学.com ,TSインタラクティブ株式会社 All rights reserved.