コート液(ソフトコート/ハードコート)

コート液(ソフトコート/ハードコート)
※ハードコート剤は在庫を持っておりません。他の商品と同時に購入すると商品の発送が遅れます。お気をつけ下さい。

プリザーブドフラワーをコーティングすることにより、アクセサリーなど、よく手などが触れる場合に破損することが無くなります。
コーティング剤はプリザードブフラワーをプラスティックまたはビニールコーティングをするものです。
コート剤は使いきりタイプです。空気に触れると固まりますのでご注意ください。
液は3種類あります。
1.ハードコーティング剤・・・コーティングをしたお花は仕上がりが固くなります。プラスティックを思い浮かべてください。
2.ソフトコート剤・・・コーティングしたお花は柔らかく仕上がります。ビニールでコーティングしたものを思い浮かべてください。
3.ソフトコートうすめ液・・・ソフトコート剤を薄めて光沢を少なくするための液です。

使い方:筆やへらなどでお花に塗ってあげると綺麗に仕上がります。(その場合、筆やへらは使えなくなるかも知れませんが。。)

注意:かなり液がにおいますので、かならず換気して使用してください。火気厳禁。
マスクや手袋を併用するとよいでしょう。
液を容器にあけるときにはこぼさないようにご注意ください。またこぼしたことを考えて、古新聞など不要なものを下に敷いて使ってください。
購入の際は使い切る分だけを購入してください。開栓後、少しずつ固まり始めます。少ない使い切りの分量をご注文ください。
在庫を少なめにしていますので、お届けまでお待ちいただく事があります(その際にはメールでご連絡いたします)。

下記に花大学実験室で作った際のサンプルが掲載されているので参考にしてください。
http://hanadaigaku.blog68.fc2.com/blog-entry-4.html

softcoat2017r.jpg ※カップが1つずつついています。

ご購入・詳しくはこちら

水性コート剤

水性コート剤
水性コート剤は文字通り、水に近いコーティング剤です。
お花の質感はそのまま、花びらをガク/茎から外れてしまうことを防ぐことができます。

お花に優しい分、弱めのコーティングなのでアクセサリーなどには向かないとお考えください。

使い方:お花を液にくぐらせたり、筆などで塗ってください。あまり塗りすぎると乾かないので塗りすぎないことがコツです。
100円ショップで販売されているスプレーを使うこともできます(しばらく使わないとコート剤の中の「のり」が固まりスプレーで散布できなくなりますのでご注意ください)。 手に付いたコート剤は水で洗えばほとんど落ちます。

お花が乾燥するのは1日程度です。
あまりつけすぎるとなかなか乾きませんので、あくまでもさっと軽く塗ってください、

乾くと花びらは取れにくくなりますが、ちょっとした力で外れてしまうことがありますのでご注意ください。

本品は使い切りではありませんが、保存状態によっては水分の蒸発などにより濃度が濃くなって使用困難になることがあります。
必要に応じて、新しいものをお求めください。


ご購入・詳しくはこちら

プリザーブドフラワー花大学商品一覧


お知らせ初めての方へプリザ商品一覧カートを見るお支払い・送料プリザ制作のヒントお問い合わせ
お客様作品紹介プリザーブドフラワーの体験教室 プリザーブドフラワー制作ブログプリザーブドフラワーの作り方
プリザ花大学で商品を販売したいかたはこちら特定商取引法に基づく表示

Copyright(c) 花大学.com ,TSインタラクティブ株式会社 All rights reserved. 

PAGE TOP