• らくらくプリザ液 4000cc【お取寄せ商品】
  • らくらくプリザ液 1000cc
  • らくらくプリザ液 500cc
  • らくらくプリザ液 250cc

  • らくらくプリザ液 4000cc【お取寄せ商品】

    らくらくプリザ液 4000cc【お取寄せ商品】
    ※【お取寄せ商品】らくらくプリザ液4000ccは在庫をもっておりませんので、ご注文いただいてから発注いたします。通常のお届けから1日~4日程度余計にかかります。
    【色とサイズ】
    色は17色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。
    【作り方】
    脱色、洗浄工程を省略し溶液に3日以上つけておくだけで、プリザーブド加工できます。ただし、作ることができる花材が限られます。


    らくらくプリザ液に向く花材
    バラ、カーネーション、デンファレ、アジサイなど
    A液は必要ありません。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができます。 参考の色見本はこちら

    【溶剤と水性の違い】
    溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
    水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
    どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
    また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。

    【溶剤セットと水性セット】
    溶剤セットにはレッド、ワイン、オレンジ、グリーン、イエロー、ブルー、レッドパープル、ブラウン、ブラックが入ります。
    水性セットにはホワイト、ピンク、サーモンピンク、レモンイエロー、ダークブルー、スカイブルー、バイオレットが入ります。

    【制作時の難しい色】
    薄い色は仕上がりが思うような色にならないことがあります。
    特にホワイト(白色)はバラの場合、ベージュやオフホワイトになることが多いです。
    初めての方や試しに作ってみようと思う場合には濃い色をお選びください。

    【成分など】
    成分:アルコール、多価アルコール、水、色素
    ※火気厳禁

    ご購入・詳しくはこちら

    らくらくプリザ液 1000cc

    らくらくプリザ液 1000cc
    【色とサイズ】
    色は17色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。
    【作り方】
    脱色、洗浄工程を省略し溶液に3日以上つけておくだけで、プリザーブド加工できます。ただし、作ることができる花材が限られます。


    らくらくプリザ液に向く花材
    バラ、カーネーション、デンファレ、アジサイなど
    A液は必要ありません。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができます。 参考の色見本はこちら
    らくらくプリザ液250ccはこちら
    らくらくプリザ液500ccはこちら

    全色セットはカートに入れたときにさらに5%オフになりますので、実質34%オフです。プリザ液販売店では日本一お安いお店です。

    【溶剤と水性の違い】
    溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
    水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
    どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
    また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。

    【溶剤セットと水性セット】
    溶剤セットにはレッド、ワイン、オレンジ、グリーン、イエロー、ブルー、レッドパープル、ブラウン、ブラックが入ります。
    水性セットにはホワイト、ピンク、サーモンピンク、レモンイエロー、ダークブルー、スカイブルー、バイオレットが入ります。

    【制作時の難しい色】
    薄い色は仕上がりが思うような色にならないことがあります。
    特にホワイト(白色)はバラの場合、ベージュやオフホワイトになることが多いです。
    初めての方や試しに作ってみようと思う場合には濃い色をお選びください。

    【成分など】
    成分:アルコール、多価アルコール、水、色素
    ※火気厳禁

    ご購入・詳しくはこちら

    らくらくプリザ液 500cc

    らくらくプリザ液 500cc
    【色とサイズ】
    色は17色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。
    【作り方】
    脱色、洗浄工程を省略し溶液に3日以上つけておくだけで、プリザーブド加工できます。ただし、作ることができる花材が限られます。

    【らくらくプリザ液に向く花材】
    バラ、カーネーション、デンファレ、アジサイなど
    A液は必要ありません。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができます。
    参考の色見本はこちら
    らくらくプリザ液250ccはこちら
    らくらくプリザ液1000ccはこちら


    全色セットはカートに入れたときにさらに5%オフなので、実質30%オフです。
    【溶剤と水性の違い】
    溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
    水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
    どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
    また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。
    【溶剤セットと水性セット】
    溶剤セットにはレッド、ワイン、オレンジ、グリーン、イエロー、ブルー、レッドパープル、ブラウン、ブラックの9本が入ります。
    水性セットにはホワイト、ピンク、サーモンピンク、レモンイエロー、ダークブルー、スカイブルー、バイオレットの7本が入ります。
    【制作時の難しい色】
    薄い色は仕上がりが思うような色にならないことがあります。
    特にホワイト(白色)はバラの場合、ベージュやオフホワイトになることが多いです。
    初めての方や試しに作ってみようと思う場合には濃い色をお選びください。

    【成分など】
    成分:アルコール、多価アルコール、水、色素
    ※火気厳禁

    ご購入・詳しくはこちら

    らくらくプリザ液 250cc

    らくらくプリザ液 250cc
    【色とサイズ】
    色は17色あり、サイズは250cc、500cc、1000ccがあります。
    【作り方】
    脱色、洗浄工程を省略し溶液に3日以上つけておくだけで、プリザーブド加工できます。ただし、作ることができる花材が限られます。

    らくらくプリザ液に向く花材
    バラ、カーネーション、デンファレ、アジサイなど
    A液は必要ありません。本液だけでプリザーブドフラワーを作ることができます。
    参考の色見本はこちら
    らくらくプリザ液500ccはこちら
    らくらくプリザ液1000ccはこちら


    【溶剤と水性の違い】
    溶剤は色の定着はよいですが、濃い目の色が多いです。
    水性は薄くてきれいな色が多いですが、色の定着が溶剤よりも弱いです。
    どちらがよいとは言えませんが、初めての方には溶剤のほうが簡単に仕上がります。
    また、混ぜて新しい色を作るときは溶剤は溶剤同士、水性は水性同士と混ぜてください。


    【溶剤セットと水性セット】
    溶剤セットにはレッド、ワイン、オレンジ、グリーン、イエロー、ブルー、レッドパープル、ブラウン、ブラックが入ります。
    水性セットにはホワイト、ピンク、サーモンピンク、レモンイエロー、ダークブルー、スカイブルー、バイオレットが入ります。

    【制作時の難しい色】
    薄い色は仕上がりが思うような色にならないことがあります。
    特にホワイト(白色)はバラの場合、ベージュやオフホワイトになることが多いです。
    初めての方や試しに作ってみようと思う場合には濃い色をお選びください。

    【成分など】
    成分:アルコール、多価アルコール、水、色素
    ※火気厳禁

    ご購入・詳しくはこちら

    プリザーブドフラワー花大学商品一覧


    お知らせプリザ商品一覧カートを見るお支払い・送料特定商取引法に基づく表示
    初めての方へプリザ制作のヒントお問い合わせお客様作品紹介
    プリザーブドフラワーの体験教室 プリザーブドフラワー制作ブログプリザーブドフラワーの作り方
    Copyright(c) 花大学.com ,TSインタラクティブ株式会社 All rights reserved. 

    PAGE TOP